YAおすすめ図書 お知らせ

YAおすすめ今月の1冊【10月】

更新日:

『そらのことばが降ってくる 保健室の俳句会』 髙柳 克弘/作 ポプラ社

いじめが原因で教室に行けなくなり保健室登校をしている中学生のソラは、ある日、変り者と言われているハセオに保健室で出会います。ハセオは自らを俳人と言い、俳句の世界に周りを引き込んでいきます。
ハセオが言うには、言葉は使い方によって輝きが変わる、汚い言葉でも俳句でなら輝くことがある、というのです。それはたとえば 「バカ」 という言葉は、人によっては悪意のある、人を傷つける刃物としてしか使えないけれど、俳句でならその言葉を輝かせることができるというのです。
はじめはやる気のなかったソラもだんだんと俳句の魅力に気づいていきます。
更にもともと俳句をやっているユミも仲間に加わり保健室の俳句会は成長していきます。
作者が俳人なので、登場人物たちが作る俳句の良し悪しの評価に説得力があります。一つの句を皆で意見を出し合い、少しずつ直して良い句にしていく様は読んでいてワクワクします。確かに1回直すごとに良くなっていくのがわかるのです。
読んでいる方も俳句の魅力にはまりそうになります。
読後感もさわやか。
読み終わると本のタイトルの意味も分かります。是非読んでみてください。

-YAおすすめ図書, お知らせ

Translate »

Copyright© 図書館ホームページ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.