お知らせ 鎌ケ谷あれこれ

鉄道に乗ろう! ~北総鉄道編~

更新日:

北総線に乗りに行こう

今回は鎌ケ谷市に本社がある「北総鉄道」についてご紹介します。

北総鉄道は、東京都葛飾区の京成高砂駅から新鎌ヶ谷駅を通り、印西市の印旛日本医大駅までを結ぶ路線です。

線名は当初「北総・公団線」でしたが、2004年に「北総線」へ改称されました。
鎌ケ谷市には、新鎌ケ谷駅が開設されています。

当初は千葉ニュータウンの足として、1979年3月9日に北初富駅~小室間が開通し、新京成線へ乗り入れて松戸まで直通運転を開始しました。
1984年に小室駅~千葉ニュータウン中央駅間が延伸開通します。
1991年に京成高砂駅~新鎌ヶ谷駅間が延伸開業し、京成線との直通運転を開始しますが、
翌1992年に新京成線との直通運転廃止。
以後、印旛日本医大駅まで延伸され、社名も北総開発鉄道から北総鉄道に改称しました。
2010年には印旛日本医大駅~京成本線接続点間が開業し、成田スカイアクセスとして京成スカイライナーが線内で運行されています。

図書館では、北総鉄道が記載された本も所蔵しています。

『千葉の鉄道』(白土 貞夫/編著 彩流社)では、北総鉄道の路線と歴史について、簡潔に解説していますので、最初に北総鉄道について理解したい方にオススメしたい本です。

 

『全国鉄道事情大研究 東京東部・千葉篇2』(川島 令三/著 草思社)では、北総鉄道についてより詳細な解説がされています。
北総鉄道について詳しく知りたい方に利用して頂きたい本です。

北総鉄道のホームページやSNSにて、沿線・観光情報も公開されていますので、こちらもご覧になってみてください。

参考資料
『千葉の鉄道』白土 貞夫/編著 彩流社
『全国鉄道事情大研究 東京東部・千葉篇2」川島 令三/著 草思社

-お知らせ, 鎌ケ谷あれこれ

Translate »

Copyright© 図書館ホームページ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.