お知らせ 鎌ケ谷あれこれ

郷土の資料 ~梨~

更新日:

鎌ケ谷の梨

鎌ケ谷市の梨生産は江戸時代末期からと言われ、歴史が古い産地となっています。千葉県は日本なしの収穫量が全国1位ですが、鎌ケ谷市は県内でも常に上位を占めています。
鎌ケ谷市で主に栽培している品種は赤梨(幸水、なつひかり、豊水、あきづき、南水、新高、新興、王秋)と青梨(秋麗、かおり)があります。

参考:
『鎌ケ谷市の梨 平成30年4月』鎌ケ谷市市民生活部農業振興課
鎌ケ谷市のサイト 『特産物』 https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/shigaiyou_menu/tokusanbutsu.html
農林水産省サイト 『作況調査(果樹)令和2年産』 https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/


関連資料

鎌ケ谷の梨についての資料

    • 『鎌ケ谷市の梨 平成30年4月』 鎌ケ谷市市民生活部農業振興課 鎌ケ谷市 (C1.625)
    • 『鎌ケ谷市の農業 平成30年4月』 鎌ケ谷市市民生活部農業振興課 鎌ケ谷市 (C1.625)
    • 『わたしたちの鎌ケ谷 平成23年度版』 わたしたちの鎌ケ谷編集委員会∥編集 鎌ケ谷市教育委員会 (C1.375)

梨についての詳しい資料

    • 『梨のあるくらし』 鍛治木  いつ子∥編 鳥取県 東伯町農業協同組合 (C1.625)
    • 『梨の来た道』 米山  寛一∥文 鳥取二十世紀梨記念館 (C1.625)
    • 『ナシの絵本』 さわむら ゆたか・かじうら いちろう∥へん 農山漁村文化協会 (児童V/ 625)
      など

     

-お知らせ, 鎌ケ谷あれこれ

Translate »

Copyright© 図書館ホームページ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.