YAおすすめ図書 お知らせ

YAおすすめ今月の1冊【5月】

更新日:

『サード・プレイス』    ささき あり/作 酒井 以/絵 フレーベル館

「サード・プレイス」 とは家でも学校でもない、第三の居場所のこと。

この本は4つの短編からなる短編連作集です。
それぞれのお話の主人公たちのそばには 「サプリガーデン」 という、中高生が利用できる公共施設がありました。そこは本や漫画があって好きに読むこともできるし、勉強してもいい、キッチンもあるので料理して食事してもいいし、イベントなどの催し物をしてもいい、自由な場所。
そこには中学1年から高校3年まで幅広い年齢の人たちが集まります。主人公たちは中学1年生ですが、色々な年代からの話やアドバイスなどを聞いて、ものごとには多様な視点があることに気づきます。中学1年は思春期まっさかりで、自分の考えに凝り固まって、人を責めてしまったりするけれど、違う角度から見ると、悪いと思っていた人が悪くないことに気づいたり、答えはひとつではないことに気づいたり。友だちには打ち明けることができなかった、本当の自分の好きなことを、ここでは打ち明けることができ、挑戦することができたりもします。

それぞれに悩みを持ち、どん底な気分だった主人公達が、サプリガーデンで様々な人と出会い、「きっかけ」や 「やりたいこと」 に出会って、自分の世界が広がっていきます。
読むと、あなたもこんなサード・プレイスが欲しくなるかもしれません。

-YAおすすめ図書, お知らせ

Translate »

Copyright© 図書館ホームページ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.