YA新着図書 お知らせ

YA新着図書の紹介【10月~12月】

更新日:

『推しことば類語辞典』
  山口 謠司/監修 じじぃ/マンガ・イラスト 笠倉出版社

新着図書の中から今回紹介するのは『推しことば類語辞典』です。

語彙力(ごいりょく)。それは表現するための言葉のレパートリー。
しかし、人は好きなものを前にした時、「可愛い」「好き」「最高」以外のレパートリーを失いがちです。
でも、同じ「可愛い」でも、普段は強気なあのアイドルのはにかんだ笑顔と、生まれたばかりの子猫の小さな肉球はきっと違う可愛さのはず。

荒ぶる感情を吐き出したいのに「最高」以外の言葉が見つからない時、この「推しことば類語辞典」を開いてみてください。あなたの胸の内を表現するのに一番近い言葉を探せば、今よりその感情を噛みしめることができます!

そもそも「推し」とはただ好きなだけでなく、見守りたい、応援したい、健やかに生きていてほしいという好き以上の思いがこもった気持ちを表現した「好き」の類語ではないでしょうか。
「推し」と「好き」。言い換えられるけれど、そこにこめられた意味はちょっと違う。
それと同じであなたの推しに対するその気持ちには、それを表現するためのぴったりの言葉があるはずなのです。
この本では教科書で見るような文豪たちが表現した「可愛い」や「好き」や「最高」の例文を見ることもできます。言葉のエキスパートである文豪たちがあの手この手で表現した珠玉の「推しことば」があなたの表現の幅を広げてくれること間違いなし。

光風霽月で眉目も秀麗なあの人。愛愛しくも臈(ろう)たけたあの子。語彙力を鍛えて燦然と輝く推したちを称えていきましょう!


10月から12月のYA向け新刊はこちら

  • 『大切な人は今もそこにいる』 千葉 望/著 理論社
  • 『闇の魔法学校 Lesson1』 ナオミ・ノヴィク/著 井上 里/訳 静山社
  • 『10代の君に伝えたい学校で悩むぼくが見つけた未来を切りひらく思考』 山崎 聡一郎/著 朝日新聞出版
  • 『見た目が気になる』 河出書房新社/編 青木 美沙子 他/著 河出書房新社
  • 『そらのことばが降ってくる』 高柳 克弘/作 ポプラ社
  • 『世界一やさしい依存症入門』 松本 俊彦/著 河出書房新社
  • 『推しことば類語辞典』 山口 謠司/監修 じじぃ/マンガ・イラスト 笠倉出版社
  • 『世界とキレル』 佐藤 まどか/著 あすなろ書房
  • 『ライブラリー・ツインズ』 日野 祐希/著 あけたらしろめ/絵 アリス館
  • 『#マイネーム』 黒川 裕子/作 さ・え・ら書房
  • 『お天気屋と封印屋』 廣嶋 玲子/作 佐竹 美保/絵 静山社
  • 『境界のポラリス』 中島 空/著 講談社
  • 『ガラスの魚』 山下 明生/著 宇野 亞喜良/画 理論社
  • 『道化者』 トーマス・マン/作 木本 栄/訳 ヨシタケ シンスケ/絵 理論社
  • 『図解でわかる14歳からのLGBTQ+』 社会応援ネットワーク/著 太田出版

-YA新着図書, お知らせ

Translate »

Copyright© 図書館ホームページ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.