お知らせ 鎌ケ谷あれこれ

郷土の資料 ~真朱焼~

更新日:

真朱焼とは?

鎌ケ谷の工芸品。
朱色の陶器で大正時代に陶芸家 濱田敬山(はまだけいざん)氏により古代中国の「鶏血焼(けいけつやき)」を参考に市川市鬼越で始められたとされた焼き物。
鎌ケ谷市出身の三橋英作(みつはしえいさく)氏が濱田氏のもと製作技術を習得し、戦後、鎌ケ谷にて工房を設けた。

参考
『「千葉県の伝統的工芸品」房総の匠百人展 展示解説図録 平成18年度企画展』千葉県立上総博物館/編集 千葉県立上総博物館


関連資料

  • 『千葉県指定伝統的工芸品一覧 (1999)』千葉県商工労働部観光物産課 (C0.750)
  • 『「千葉県の伝統的工芸品」房総の匠百人展 展示解説図録 平成18年度企画展』千葉県立上総博物館/編集 葉県立上総博物館(C0.069)

 

-お知らせ, 鎌ケ谷あれこれ

Translate »

Copyright© 図書館ホームページ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.